バスピン通販 効果、作用、成分、副作用はどう?

バスピンは、ブスピロン塩酸塩が有効成分の抗不安薬になります。
日本では未認可ですが、海外では主流と言われる成分です。安全性が高く依存や耐性、退薬症状が現れないのが特徴だといわれています。

 

特定の不安要素がないのにもかかわらず漠然とした不安感やめまい、多汗、動機や緊張を伴う全般性不安障害の改善に対して効果を発揮します。他にも、睡眠障害を改善するにも有効だとされています。

 

服用することでセロトニンの量を増やす作用があるほか、ドーパミンやアドレナリンといった脳内の気分を高揚させる神経伝達物質の量を多くすることによって、不安や緊張などを和らげる作用がある薬です。

 

不安などが原因で寝つきが悪いなどの睡眠障害になっている人に効果的な薬で、服用することによって自然な入眠へと誘導して良質な睡眠をとることが期待できます。

 

ただし、副作用もあり眠気や胃のむかつき、胃痛、嘔吐、便秘や下痢、頭痛や口の渇き、動悸に不整脈、視覚障害、発疹などの報告があります。

 

また、飲み合わせの悪い薬などもあり、アルコールなどとも併用してしまうと作用を強くしてしまうこともあります。
どうしても併用したいという場合には、必ず医師に相談することが大切です。

 

バスピンの半減期と副作用について

 

バスピンの半減期は6時間です。 半減期というのは使用したお薬の血液中の濃度が、半分になるのに要する時間の事です。つまり、薬の濃度が半分になるのに6時間かかると言う事は、6時間に渡り薬が効いていると言う事です。

 

しかし、半減期とお薬の効いている時間が完全に一致するわけではなくて、あくまでも目安の1つです。
精神安定剤を選択するときは、効き目の強さと作用時間がポイントになります。効き目の強さは、自分の不安の強さに適した強さのお薬を、選ぶのが理想的であると言えます。必要以上に強すぎる薬は副作用のリスクを高めるのでお勧めできません。

 

半減期は、手間との兼ね合いで決めるのが理想的です。半減期の短いものは効果がすぐになくなってしまうので、1日に何度も使用する必要がありますが、薬の適量という観点からは安全性に優れていると言えます。

 

また薬が効くかどうかの判断をしやすいです。しかし半減期が短いものは耐性や依存性が生じやすいので、短すぎるものは考えものです。

 

副作用は、主なところでは神経過敏を始め、不眠やめまいなどです。他に、心機能、胃腸、皮膚、筋骨格、結合組織、尿路などの障害と、呼吸器、胸部、縦隔などの疾患です。

 

バスピンの口コミ

 

30代女性

 

バスピンは、とにかく他の睡眠剤よりも値段が安く、そして効果があるということなので好評価でした。かなりぐっすり眠れるようになったので、寝つきもよくなりました。ストレスのせいで眠りも浅くて、睡眠時間も少なかったのが改善されたので、しばらく継続してみます。

 

40代男性

 

睡眠症状には初日からすぐ効きました。飲んで1時間も経たないうちにちょうどよい眠気がきて、朝は目覚めスッキリで起きられバスピンの良い効果が得られました。過眠と不眠がリセットされるので気に入っています。

 

不安症状は4〜5日目くらいから改善してきたという実感があり普段なら気にしていた小さなことはあまり気にならなくなりました。大きい不安も少しは緩和されていて何も飲んでいない時よりは楽に感じられてよかったです。

 

40代女性

 

バスピンを飲むことで、元気が出て楽しく過ごせています。飲んだ後は何となく落ち着くので、効き目を実感できています。

 

このように、バスピンは効き目は人それぞれですが、睡眠剤としても精神安定剤としても作用する良薬だということがわかります。

 

>>バスピン(バスパージェネリック)